親しい人だけで行なう葬儀|家族葬のメリット

お葬式の新しい考え方

メンズ

自由ですが計画が大事です

大阪市生野区には全国区の企業や中小企業・個人商店が多く存在し、外国人比率も高くて賑わいのある都市なので、お葬式に対する考え方も従来の形式にとらわれず故人らしさを大切に出来る家族葬に人気が集まっています。家族葬は明確な定義がないので、葬儀社によって内容が大きく変わるという特徴があるため、予算や演出などの希望については事前相談も利用しておいた方が安心です。生野区のような都市部では事前相談や見積もりを無料で受け付けている葬儀社が複数ありますので、サービス内容について大まかにでも知っておくといざという時に慌てないで済みます。基本的に家族葬では従来の葬儀と同じようにお通夜と告別式の儀式を執り行いますが、家族や親戚などのごく少人数で故人を見送ることが特徴なので、会場や祭壇などの規模が小さくなることから費用が安く抑えられます。そのため、核家族が多い生野区や都会と呼ばれる場所に住んでいる方、従来の高額で儀式的なお葬式に疑問をお持ちの方が家族葬を選択されるケースが多いです。また、家族葬と混同されやすいお葬式として一日葬や直葬がありますが、一日葬はお通夜を行わずに告別式のみを執り行うお葬式の形で、直葬では儀式を一切行わずに火葬のみとなるため、大きな違いがあります。生野区ではご親戚が地方にいらっしゃる方も多いと思いますが、こういった場合には家族葬より一日葬の方が遠くから来られる方の負担が少ないので良いこともあります。